IoWプロジェクト | IT技術で一次産業を元気にする株式会社IoZ

ABOUT
PROJECT

IoZのプロジェクトについて

IoWプロジェクト

輸入品の増加により競争に激しさを増すワイン製造・販売。
日本の国産ワインだって負けていられません。
より高品質で消費者に求められる国産ワインを製造するためにIoWプロジェクトは立ち上げられました。
ワイン圃場の土のデータ、ワインデータ、消費者のデータを蓄積、分析しワイン製造、販売に活かす仕組みです。

*WINE LIST:https://winelist.jp

つのポイント

IoZ開発

ワイン消費情報自動取得ワインサーバー

4種類のワインをセットしているワインサーバーでは、ボタンを押してワインを注ぐと、そのデータが自動的にデータセンターに飛ぶシステムが導入されています。

IoZ開発

ワインサーバーと連動したスマホアプリ

ユーザーはアプリに登録するだけで、今飲んでいるワインの情報を得ることができます。同時に、データセンターには消費者のデータ(年齢や性別)、試飲した感想、評価等が自動送信されます。

IoZ開発

ぶどう育成状況監視センサー

ぶどう圃場にぶどう育成状況監視センサーを埋め込み、土中水分、phを測定、自動的に計測。また、高解像度カメラを搭載したローバーを遠隔で操作し、ぶどうの育成状況を監視することができます。
これにより、ぶどうの育成負担を軽減させ、かつ土中水分、phをデータに基づきコントロールできるようになります。

ぶどう農家、ワイン製造業、販売店の方!

ご興味をお持ちいただければお気軽にお問合せください。