富山県南砺市でワイナリーとぶどう畑の整備を進める株式会社トレボー(ドメーヌ・ボー)様の醸造・販売棟が完成し、その様子が地元の北日本新聞に掲載されました。

当日は、お披露目会を行って弊社代表の吉田もお祝いに伺う予定でしたが、新型コロナウィルスの影響でお披露目会は中止されてしまいました。

記事には、2月下旬に納品した際の当社エッジAI薬散ロボットも写真で紹介されています。

葉っぱをみたら、大きさ等を判断して適量の薬剤を散布するロボットです。

圃場には、気温や土中温度、二酸化炭素濃度等がいつでもどこからでもチェックできる「ぶどうfarmo」も設置しています。

※当社取り扱い製品です!

”ブドウを科学する” ワイナリー「ドメーヌ・ボー」。

今秋には醸造を始め、年内に新酒、来年には数カ月熟成したワインを販売予定で、とても楽しみです。


北日本新聞の記事
Share This