PROJECTS

IoWプロジェクト
HOME 〉 IoW プロジェクト

IoWプロジェクト

 Internet of Wine Project

ワインに関わる全ての人々をIT技術がつなぐ!

輸入品の増加により競争に激しさを増すワイン製造・販売。

日本ワインの挑戦がはじまっています。

より高品質で消費者に求められる国産ワインを製造するためにIoWプロジェクトは立ち上げられました。

ぶどう生産者-ワイン製造者-ワイン販売者・提供者-消費者

ワインに関わる全ての人に関わりたい。

圃場データ、ワインデータ、消費者のデータを蓄積分析し、ワインの製造・販売に活かす仕組みです。

ワインサーバー連動スマホアプリ

アプリ画像

 

ユーザーはアプリに登録するだけで、今飲んでいるワインの情報を得ることができます。

同時に、データセンターには消費者のデータ(年齢や性別)、飲んだ感想や評価等が自動送信されます。

 

消費情報自動取得ワインサーバー

 

4種類のワインをセットしているワインサーバーでは、ボダンを押してワインを注ぐと、そのデータが自動的にデータセンターに飛ぶシステムが導入されています。

エッジAI薬散ロボット

ぶどうの葉っぱを見たら、葉っぱの大きさによって適切な量の農薬を散布します。

 

Share This